飼い犬が懐く方法

大事なことは飼い犬と飼い主さんの主従関係を明確にすると言うことです。
主従関係をワンちゃんに理解させるためにオヤツを利用する人もいますが、それはオヤツがあるから従うという間接的な主従となるので、好ましいとは言えません。

ワンちゃんと、飼い主のストレートな関係を作り出すために、まずワンちゃんのリーダー的存在、尊敬出来る存在となるように心掛けるようにしてください。
その場合に散歩がとても効果的と言われています。
その時にただ漠然と散歩させることではなくて、ワンちゃんに従うではなく、飼い主さんの主導の散歩を考案してください。
それは時間、コース、スピードなどの管理が全部飼い主さんの判断によるものです。

ワンちゃんが何かしたい欲望を持ったとしても、それを無視して散歩し続けます。
ワンちゃんを散歩においてあまり気遣わないという意識が、段々とワンちゃんにこの人はご主人様なのだなということを学習させることになります。

ワンちゃんを甘やかせたい気持ちが飼い主さんにあるのも当然なのですが、あまりにもワンちゃん主体ではワンちゃんだけの世界しか見ることが出来ず、人間など所詮無視をされてしまいます。
基本的にはワンちゃんは人間様になつきたくはないと思っている存在です。
人間世界に馴染ませるために、時に冷たくして、やはり人間の権力を伝えなければなりません。
他にもいろいろなワンちゃんをなつかせる方法をここでは紹介しましょう。
納得出来るものを採用してください。



[特選外部リンク]
飼い犬が懐くように飼い犬の気持ちがわかる情報サイトです・・・飼い犬の気持ち